【Halo】SUBZERO(サブゼロ)リキッドのレビュー

投稿日:2018/08/10 16:00
最終編集日:

Halo SUBZERO

Halo「ヘイロー」のVAPEリキッド、SUBZERO「サブゼロ」のレビューです。

Haloはリキッドメーカーとしてはかなりの老舗。ことに今回ご紹介のSUBZEROは爽快感のあるメンソールリキッドとして長く愛されているリキッドです。

それでは早速レビューしていきます。

 

SUBZEROの詳細

Halo SUBZERO

パッケージ変わったんですね。前は白地に青い火の玉でしたが新パッケージは青地に白い火の玉です。

メーカー名はHaloと書いて「ヘイロー」と読みます。アメリカのメーカーですね。同じ名前で有名なゲームや映画がありますけども意味としては後光だとか栄光だとか輝かしい何かしら、という意味だそうです。

アメリカの政府機関FDAの基準をクリアした高品質なリキッドです。

パッケージ下部には「PG」と書かれていてPGVG割合はどこにも書いてないのです。振ってみたところかなりシャバシャバですし、メンソールというのはPGにしか溶けませんのでPG100%な気がします。

X STRENGTH MENTHOL と書かれているとおり強メンソールにミントフレーバーの爽快感のある味です。

メーカー Halo(ヘイロー)
商品名 SUBZERO(サブゼロ)
容量 30ml
価格 1,970円
フレーバー メンソール / ミント
ニコチン 0mg
生産国 米国
ボトル素材 ガラス
キャップ方式 チャイルドロック付きスポイトボトル

Halo SUBZERO

 

Halo SUBZERO

キャップの開け方

Halo SUBZERO

チャイルドロック付きになっているので、以下の手順でキャップを開けて下さい。

  1. キャップをボトル側へ押し込みつつ
  2. 反時計回りに回す

Halo SUBZERO

スポイト部分もガラス素材です。

そうそう割れることは無いと思いますが、ある程度は気をつけて扱いましょう。

ユニコーンボトルに比べて微妙な量のドリップがしやすい、というメリットがあります。

 

リキッドを嗅いでみた感想

 

よく言われるんですが、湿布の匂いに確かに近いものがあります。

以前に大変流行したフローズンツンドラというリキッドも似たような匂いがしました。

メンソ系にミントが少し入ってるとコレ系の匂いになるんだと思います。

 

 

吸ってみた感想

 

Halo SUBZERO

<吸引環境>

MOD Eleaf iStick Pico
アトマイザー G.R.1 / Derringer
コイル (G.R.1)カンタル線26ゲージ / シングルワイヤーマイクロコイル / シングル

(Derringer)カンタル線26ゲージ / シングルワイヤーマイクロコイル / デュアル

ドリップチップ 510
エアホールの調整 小さめ

高抵抗での味の感想

まずG.R.1 RDAのシングルコイル1Ωで。

メンソール、強いです。個人的にメンソール好きなほうなので抵抗無いんですが、おそらく「メンソ強いわ!」っていうのが平均的な意見だと思う。

公式サイトにも「ラインナップで一番メンソ強い」って書かれてるし。

メンソールだけじゃなくてかすかにミントの香り。それから少し甘みも感じます。

PGとメンソールの苦味が効いているので甘すぎず、すっきり爽快感のある味わい。

匂いを嗅いだときの湿布っぽさは吸ってみると感じないもんですね。

 

低抵抗での味の感想

お次にDerringer RDAのデュアルコイル0.5Ωで。

25Wぐらいで炊いてみましたがメンソール強くて吸えないですね。

20Wに落として、ようやっとむせずに吸えるぐらいになりました。

高抵抗で吸ったときよりも甘みが奥に行って、よりすっきりした印象。

 

 

スティープ後の味

1週間スティープしてみました。

メンソール感の角が少し取れたような印象がありますが、味わいに大きな変化はありません。

 

 

総評

甘くない、強メンソールです。

とはいえメンソールだけの単調なフレーバーではなく、ミント感と、しっかりと存在を感じながら後に残らない甘みが混じり合った絶妙なバランス。

長く愛されるのも納得の完成度。フルーツ系のリキッドなんかに混ぜても美味しいです。

 

 

SUBZERO(サブゼロ)が買える通販サイト

Halo SUBZERO

関連コラム