【電子タバコ】EMILI MINI+(エミリミニプラス)のレビュー|smissのペン型VAPE

投稿日:2018/06/25 16:00
最終編集日:

EMILI MINI+(エミリミニプラス) smiss社が製造する電子タバコです。

Smiss社は中国の深センを拠点としたVAPEの製造メーカーで、MOD(本体)をはじめ、アトマイザー、コイル、リキッドなど販売。
日本の販売は株式会社CIGAが代理店登録しています。

そもそも電子タバコとは?と思っている人もいるのではありませんか?!

電子タバコとは、電子回路により内蔵されたコイルを熱して、リキッドと呼ばれる味のついた液体を気化する装置を指します。

VAPE(ベイプ)と呼ばれることもあります。

リキッドはタバコ味からミントやレッドブル、アップルなどのフルーツ系まで様々なフレーバーがあり、好みの味を楽しむことができます。

IQOS(アイコス)やglo(グロー)は加熱式タバコと呼ばれ、タバコの葉に熱を加えてニコチンを発生させる装置でVAPEや(電子タバコ)ではありません。

さて、今回ご紹介するEMILI MINI+(エミリミニプラス)ですが、禁煙用に購入する人が多くいます。

コンパクトでスタイリッシュなデザインで女性の愛用者も多いVAPEのレビューをはじめ使い方を紹介します!

EMILI MINI+のパッケージ

EMILI MINI+

箱の大きさは横4.5cm×縦13cm×高さ2.5cm程のコンパクトなサイズ

EMILI MINI+

今回は赤を購入。うんっ、

EMILI MINI+のアイテム内容

EMILI MINI+

付属品は本体と、充電ケースとUSBケーブルのみ。

アイテムが少ないほど扱いが簡単で、持ち運びに必要な物が少なくなるので携帯性に優れていることが見て取れます。

ケースはつや消し加工がされており安っぽさがなく、知らない人が見たらVAPEとはわからない見た目です。

多くのVAPEが海外製品となるため、取扱説明書は英語が多いですが日本語の説明書でした。

保証期間は、お買い上げ日から1か月以内と記載されており、問い合わせ先が国内なので日本語で対応してもらえる点がいい感じ♪

EMILI MINI+付属アイテム一覧

  • 充電式ケース
  • EMILI MINI(VAPE本体)×2
  • USB充電ケーブル
  • 取扱説明書

EMILI MINI+のレビュー

EMILI MINI+

EMILI MINIは他のvapeと比べるととても小さくて軽い点が特徴です!

充電ケースに入れた状態でもタバコの箱よりも小さいので、荷物が少なくなります。

見た目はタバコ型で、一見すると電子パイポのようなデザイン。

本体は光沢感があり、上品な雰囲気が特徴的です。

欠点としては、バッテリー部分に比重があり細くしっかりと握れないので、タバコの持ち方で吸っていると誤って落としてしまう心配があります。

EMILI MINI+のスペック

価格 3,980円
ケースサイズ(mm) 高さ115×横幅28×奥行14
本体サイズ(mm) 高さ99.6×直径9.2
充電時間 約3時間
バッテリー容量 180mAh
タンク容量 0.4ml
EMILI MINI+

タンク部分(アトマイザー)はクリアーで、その他は光沢のあるレッド

EMILI MINI+

吸い口は1mm程度の穴が開いています

EMILI MINI+

タバコと同じ感覚で手に収まります

EMILI MINI+

ボディーにはEMILI mini+のロゴ

EMILI MINI+

長さはタバコより2センチ程度長く、太さはEMILI mini+が若干細い

EMILI MINI+

充電をするとライトが青く光ります。蓋をしめた状態じゃないとしっかり通電されません。

EMILI MINI+ EMILI MINI+

あとは、解りやすい日本語の説明書が付いています。

持ち歩きのしやすさ

充電ケースに本体2本を入れてポケットに入れても気にならない重さと薄さでした。

カバンの内ポケットや、ポーチの中にも入れられる大きさでタバコよりか荷物が少なくなりました♪

EMILI MINI+の使い方

EMILI Mini+は難しいセッティングがないため女性でも簡単に使い始めることができます。

説明書をじっくり読むのが苦手な私にはピッタリでしたw

それではセッティングの手順と吸い方の手順を以下にて紹介します!

バッテリーケースの蓋を開ける

EMILI MINI+

バッテリーケースの表面を矢印方向にスライドさせると、上部の蓋がパカッと空きます。

表面に滑り止めが付いていないので、やや開けにくい印象。

吸引口を取り外す

EMILI MINI+

EMILI mini+の先端についている吸引口を回して取り外します。

タンクにリキッドを注入

EMILI MINI+

本体を少し斜めにして、VAPE中央にある通気口にリキッドが入らないように注意してリキッドを入れます。

リキッドを入れたら20分程度放置。

放置する時間が短いと、タンク内に内蔵されたコットンにリキッドが十分に浸みこみません。

リキッドが浸みこまない状態で吸引すると、焦げたコットンの空気を吸い込み喉がイガイガしてむせてしまいます(通称:ドライヒット)。

吸引口を取り付ける

EMILI MINI+

先ほど取り外した吸引口を取り付けます。液漏れの原因となるためしっかりと取り付けます。

吸引口から空気を吸い込む

EMILI mini+は電源ボタンがありません。吸引口から空気を吸い上げると自動で電源がONになります。

EMILI MINI+を吸ってみた感想

それではEMILI mini+を吸ってみた感想を紹介します!

  • 吸い心地…思いっきり吸っても空気があまり入ってこず、冷えたマックシェイクをストローで吸っている感じ
  • 煙の量…タバコと同等程度の量。爆煙ではない
  • 味…スティックタイプは味があまりしないのですが割とあるほう

EMILI MINI+のまとめ

EMILI MINI+

EMILI mini+は軽くて小さくとても携帯性に優れたVAPEです。

反面、コンパクトであるがゆえにタンクの容量が小さく、こまめにリキッドを補充する必要があります。

煙の量はあまり多くないため(アンペア数が少ない)、爆煙でVAPEを楽しみたい人には不向きです。

 

関連コラム