VAPMOR VPEN スターターキットの使い方レビュー|これぞペン型!POD型VAPE(ベイプ)

投稿日:2019/10/08 16:51
最終編集日:

こんにちは!

今回はビジュアルで一目ぼれをした商品を紹介いたします。

それは、VAPMOR(ベイプモア) VPENです!

以前、VAPMOR VGO スターターキットを紹介いたしましたが、今回のVPENもまず思った事は、おしゃれで高級感がある事!!!

ワクワクが止まらない!!!

このVAPMORというブランドは、おそらく他のブランドよりもスマートでカッコいいデザイン性で押しているような気がします。

デザインは好き嫌いがありますが、細身のスーツを着こなすような人が特に似合うかなと思います!

以前紹介したVGOスターターキットはこちらをご覧ください。

それでは、VAPMOR VPENをレビューしていきたいと思います。

おそらくこの商品をレビューするのは日本初かもしれません!

 

VAPMORとは

出典:VAPMOR

VAPMORは、2018年10月に設立した中国 深センの電子タバコメーカーです。

HP抜粋ーVAPMORは、現代的なプレミアム電子タバコブランドであり、優雅さを備えた品質に焦点を当てています。

だからこそ、このデザイン性なんだと思いました。

HP抜粋ーVAPMORは、「蒸気」という言葉に由来し、可燃性たばこから無煙代替品へ喫煙者に幅広い製品を提供するという当社の使命を反映しています。VAPMORは、煙が少なく蒸気が多い世界を見たいという願望を反映しています。

煙を可燃性タバコを指して、蒸気を電子タバコで表現している、この小さいこだわりポイントも素敵です。

 

VAPMOR VPEN スターターキットのパッケージ

正面:製品と同サイズの写真がプリント

サイド:ブランド名、製品番号が表示

サイド:ブランド名が表示

背面:内容物、注意事項、製造社情報が表示

スリーブタイプで箱が出現

それでは、中身を見ていきましょう!

 

VAPMOR VPEN スターターキットのアイテム内容

箱を開けると、商品が真ん中にドーン!と置かれています!

あれ、万年筆?って思うくらい高級感がただよいます!

 

内容物

  • VPEN 本体
  • VPEN Pod 1個(装着済)
  • USBケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • IDカード

ユーザーマニュアルは、日本語もありました!

 

VAPMOR VPEN スターターキットのスペック

本体

サイズ (全体) 長さ133㎜ 直径16㎜
バッテリー 600mAh
最大出力 13W 変更不可
充電ポート マイクロUSB
パフボタン なし(オートパフ機能)

 

POD

リキッド容量 2.0mⅼ
抵抗値 1.0Ω
エアフロ― 調整不可

 

詳細

持った感じはこのサイズ感。少しずっしりしています!

パフボタンもなく、ロゴのみ表記です。

LEDインジケーターもありますが楊枝で刺したような小さい穴です。

フリクションとマッキーで比べてみました。

本当に文房具と言ってもわからないくらいです!

キャップを取るとこんな感じ!

縦の穴からは、リキッド残量が見えます。

キャップには、VAPMORのロゴ「VA」マークがあります。

キャップのトップにも同じく「VA」マーク

本体底面にマイクロUSB差込口。

POD取り付け部

POD

POD底部

リキッド給液口。開け方は、後程説明します。

コイル部分には、金メッキが使われています。リキッドとの潜在的に有害な化学反応を最小限に抑える医療関係にも使われるような素材を使っているという事が書かれています。

 

VAPMOR VPEN スターターキットの使い方

本体を充電

USBにもVAPMORのロゴが入っていておしゃれです!

 

リキッドチャージ

PODの黒い部分をスライドさせる事で注入口がオープンします!

リキッドチャージは、PODを水平にして行いましょう!

透明なので、リキッドがどこまで入っているかわかりやすくていいですね!

リキッドを入れたら、5~10分放置!

 

PODと本体をセット

充電ができたら、PODを本体にセットします。

差し込む向きが決まっています。

磁石でPODと本体がくっつくようになりますが、正しく接続されるとバイブレーションが1回、LEDが1回光ります!

このLEDでバッテリー残量がわかります。

正しく接続されなかったら何もおこりませんし、逆さにした時にPODが落ちます。

それでは、早速吸ってみます!

 

VAPMOR VPEN スターターキットの吸ってみた感想

オートパフ機能なので、そのまま吸い込むだけでOK!

ドローは重めなので、MTLです!

蒸気はきめ細かいミストで、蒸気の量もそこそこ多くてドローが重めなので吸っている感はあります!

が、そこまで味は出ないですね。

PODの中では味は出ている方かと思うのですが、最近流行りのE8とかと比べるとサイズは2倍もあるのに、味は負けているかなと思います。

吸っている時に、LEDはつきませんので、最初は吸えているか不安になりました。

 

VAPMOR VPEN スターターキットの良い所、悪い所

良い所

  • デザインがカッコいい・オシャレ・高級感がある
  • 操作やセッティングが簡単
  • 液漏れはなし(3日間くらい持ち歩き検証)

 

悪い所

  • 味はそこまで期待できない(PODの中ではそこそこレベル)
  • キャップは一つの特徴でもあるが、吸うときに邪魔になる

 

VAPMOR VPEN スターターキットの種類と購入場所と価格

出典:VAPMOR

カラーは、8種類展開しています。

どれもキレイなカラーリングであること間違いないと思います。

そして、2019年10月時点で日本での購入場所はコチラ

VAPE ZONE

価格帯は、5,060円(税込)

PODの交換も2個セットで1,320円(税込)です。

 

まとめ

胸ポケットに差し込んでもいい感じのVAPMOR VPEN。

味も平均点なので、やはり、デザイン性で選びたい方にはめちゃくちゃおすすめのブランドです。

 

関連コラム